女性ホルモンと抜け毛の関係

女性ってなんでこんなに大変なんでしょう。
出産後に髪の毛が抜けやすくなった…って方も多いと思います。かくいう私も出産後にM字ハゲを経験しましたw。

 

まさか私が…と正直信じられない思いでしたが M字までとはいかなくても 抜け毛を経験された方は多いのではないでしょうか。

 

M字ハゲを経験した30代は育毛剤なしでなんとか 元の前髪に戻ったかなぁ…と安心してたのですが
40代になるとまた違った悩みに直面してしまいました。

 

M字ではないのですが 素敵に抜けてしまう 抜け毛を体験したのですw。
抜け方が とにかく凄すぎるんですが…たった今まで 頭皮にしっかり付いていた髪の毛が いきなり力を失ったかのように ストーンと…ほんとに気持ちいい程きれいに抜けるのです。
まるで落ち葉のように…。
私はゾッとしました。

 

シャンプーをしている時には 手のひらが髪の毛で真っ黒になるくらい抜けてる…。
お風呂の排水溝は一回で髪の毛の山。
これを見た時には「異常すぎるから何かしらの対処をしなければ…」と心底思いました。

 

悩んだ末 育毛剤を購入したのですが 私は女性ホルモンが配合されてる育毛剤を選ぶ事にしました。
女性と男性の抜け毛は種類が違うような気がしたので…。

 

産後ではありませんが 生理不順が続いてたせいもあり…女性ホルモンの乱れか 低下によるものだと感じたのです。

 

ドラッグストアにて 私の毛根に栄養を届けてくれる商品をみつけました。
「コラージュフルフル育毛ローション」です。
当たりでした。 お財布にもかなり優しい2800円。
今までの抜け毛がなかったことのように ピタっとなくなるまでに10日もかかりませんでした。
私自身がびっくりです。
女性はホルモンの低下に伴って 色々な場所に 問題が出てきたりしますので 女性には女性の…男性には男性にあった商品を選ぶ事が 本当に大切だと実感しました。今はシャンプーも女性 薄毛 シャンプーを使っています。

 

白髪を染めるという習慣・もうちょっと簡単がいい

 

50代後半という年齢からして白髪の量はそう多くはないという程度、それでも部分的には気になるので染めています。
市販品で10数分で染まるという商品もありますが、髪や頭皮には好まくないという特徴で、使用していません。

 

染める頻度としては一か月で数回という植物性が日常使い、このジャンルでは最近商品数が多くて興味はありますが、値段と性質、量の3点バランスで購入しています。
この二種類を比べてみれば市販品は手早いし値段も安値、千円以内もありますね、経済性と染め具合はよいけれど中高年層には植物性が合うようです。

 

デメリットとすれば染める回数が多いこと、メリットとしては髪の洗い上がりがなめらか、コンディショナーやブロー用の美容液もよい効果。
洗い上がりもブローした感じもよいので、これで染めてから長持ちするなら95%くらいの満足感、技術進歩の時代だから研究、開発できたらベターですね。

 

使いやすくて長持ちはこの商品のニーズでもあるし、染めることが一つとしてのヘアケアプロセス、おしゃれの面ですが経済性も考慮するのがこのジャンル。
現在使用は2カ月くらいの量で3,000円ちょっとの値段、市販品よりは割高ですが髪も健康的がおしゃれというのが時代の風潮なので、植物性を使用しています。

 

メーカー色々ありますがハーブはこの商品に必須、自然の香りは染めるときによい感じ、もう一つとすれば髪の量のバランス。
パーマもせずナチュラルな髪ですから、悩みと言っても小さいですね。